正直な話をしてしまえば、1回3万円の食事でも魅力いっぱいでした。
給料が少なかったですから、この臨時収入はとても大きなものになってくれました。
精神的な余裕も生まれて、またパパの方も会ってみたいと言ってくださったので、何となくこの3万円だけでもいいなという気持ちも持ってしまっていたのです。
もちろん、大きな収入があればそれに越したことはないし、独立の夢だって私も持っていますから。
2回目の食事の時も、パパは私の夢を真剣に聞いてくれました。
「簡単なことではないにしても、夢は追いかけ続けることが必要だよ」
「上司にわかってもらえなくても、決して才能がないというわけじゃないんだから安心して夢を追い続けて欲しい」
「いつかきっとデザインが認められる日も来るからね」
励ましの言葉までもらっちゃって、なんて幸せなんだろうって気持ちになってしまったのです。

 

 3カ月近くも、パパと週1回待ち合わせする関係を作っていました。
都度で3万円を支払っていただけていましたから、毎月12万円の大きな副収入だったのです。
パトロン募集して、私の仕事に理解ある方と出会えて本当によかったなって思ったのでした。
そして3カ月が経過した頃のことでした。
パパの方から驚くような提案が出されたのです。
「もし本気で独立して、本気で頑張りたいと思うのだったら、それなりの支援したいという気持ちがある」
いつになく真剣な表情で言い出したのでした。
その瞬間、心臓が張り裂けそうなぐらい早鐘を打っていました。
「は、はい…私、ずっとこの仕事したいし、頑張りたいと思っています」
そう言った私の見て、笑顔で頷いてくれたのでした。

 

 毎月50万円の支援しますという提案、これを確約してくれました。
私も独立に向けて仕事を退職する気持ちを本気にしたのでした。
優里から教わったパトロンの作り方で、夢を応援してくれる優しい紳士と知り合い、大きな金額が私の元に入ってくるようになりました。
もう少ししたら完全に退職、その後はデザイナーとして独立してマジ・モードで仕事をしていくつもりです。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
パトロン募集サイトBEST5
パトロン探しの達人に教わったサイト